任意売却の基礎知識|不動産売却・買取・査定・相続のご相談は広島市の不動産会社「グッドトゥモロー売却」

Icon Tel電話

Icon Mail無料査定・
お問い合わせ
(24 時間受付)

Icon MapMAP

無料相談・無料査定

24時間365日受付中→

【ローン返済のお困り】
任意売却

  • HOME   >   
  • 【ローン返済のお困り】 任意売却

払いきれない住宅ローンは任意売却で解決

住宅ローンの返済に窮した場合、頼みとなるのが任意売却です。ローンを残したまま、マイホームを物件相場に近い価格で売却できます。ローンを滞納したまま時を過ごすと有無を言わさず競売となり、取引価格も大幅値下げの結果に。この事態を避けるためにも任意売却を検討しましょう。ここでは、広島市で不動産売却を手がける「グッドトゥモロー」が、任意売却について解説いたします。

住宅ローンの返済でお悩みはありませんか?

住宅ローン返済中で、次のようなお悩みはないでしょうか?

  • 毎月の支払いが滞るようになった
  • 転職・失業・リストラなどの事情で収入が減り、予定通りの返済が難しくなってきた
  • 離婚により計画が狂って完済が厳しくなった
  • クレジットや学資ローンなど他の支払いも重なって大変
  • 住宅ローンをどうしようか迷っている間に督促状が届いた
  • 不動産を差し押さえられるのだけは避けたい
  • 競売をせずに売却する方法はないか?
  • 生活再建まで見据えて返済プランを組み直したい

これらのお悩みは、任意売却で解決できるかもしれません。この方法には期限があるため、早めの相談が大切です。

ローン滞納時の任意売却とは?

任意売却とは?

任意売却とは?

任意売却とは、住宅ローンの返済中に不動産を売却する方法です。金融機関の同意があれば、ローンが残った状態で売却が可能。抵当権も抹消されます。ローン返済中であることを除けば、従来の不動産仲介による売却とほとんど変わりありません。

住宅ローンの返済が難しくなった場合、通常であれば金融機関が抵当権に基づき不動産を差し押さえ、競売にかけます。それを避ける方法として選ばれるのが任意売却で、競売より高値で取引されるのが一般的です。

コロナの影響で返済が苦しくなった方もご相談ください

コロナの影響で返済が苦しくなった方もご相談ください

新型コロナウイルス感染症の影響で住宅ローンが支払えず、任意売却を検討したい方も、ぜひご相談を。飲食業や観光業、サービス業に従事されている方はとくに影響が大きく、収入が激減した方も多いかと思われます。そのような苦しい状況の中、毎月の返済を続けていくのは容易ではありません。当社では、任意売却はもちろん、国・金融機関の支援制度の使い方や手続き方法に関するアドバイスも行っています。ひとりで悩まず、お気軽にご相談ください。

任意売却のメリット・デメリットって?

任意売却のメリット
  • 市場価格に近い金額で売却できます
  • 通常の売却方法と変わらないので、プライバシーに配慮して進められます
  • 無理のない返済計画で、生活再建がしやすくなります
  • 交渉次第で引っ越し費用の確保が可能です
  • 仲介手数料や抵当権抹消費用、税金などの諸費用は債権者負担
  • そのまま住み続けられるよう、家族・親族を相手とする売却も可能です
任意売却のデメリット
  • 金融機関の同意が得られなければ売却できません
  • 通常の売却と同様、住宅ローンや税金などの各種手続きが必要です
  • 知識も経験も足りない不動産会社を選ぶと失敗するリスクが高まります

競売と任意売却の比較!

任意売却 競売
交渉 金融機関が相手。返済計画を組み直したり、売却代金から引っ越し費用の工面を認めたり、柔軟に対応してくれる。 しかるべき手続きにのっとり粛々と進められるため、引っ越し費用や残債の返済計画に関して交渉の余地なし。
売買価格 市場の相場に近い金額で売却できる。 物件価値に関係なく、裁判所の基準で決まる。一般的に時価の50%程度で売られることが多い。
引っ越し 引っ越しまで猶予があり、急ぐ必要はなし。また、不動産会社のサポートで引っ越し先を見つけやすい。 落札された段階で立ち退かなければならない。そのまま居座れば罪に問われることも。
プライバシー プライバシーが守られるよう不動産会社が配慮して手続きを進めるため、近隣住民に知られず売却できる。 競売の事実はインターネットや官報などで公開。いつ誰に知られてもおかしくない。
生活再建 完済可能な返済プランを立てることが可能。競売より高い売却代金が確保でき、生活再建にプラスとなる 多くの残債を抱えることになり、返済計画の見直しも許されない。金銭的な負担やストレスが多く、生活の安定まで時間がかかることも。

任意売却が可能な期間とは?

ある期限を超えると任意売却したくてもできない状況になるので、困ったときは早めにご相談ください。

フェーズ1.ローン滞納前→任意売却できます

返済は厳しいものの、支払いは何とかできている状況です。この時点で相談すれば十分間に合います。

フェーズ2.ローン滞納3か月以内→任意売却できます

滞納が2回以上続くと督促状が届くようになります。あるいは一括弁済を請求されることも。この状況を放置すれば競売は避けられません。

フェーズ3.ローン滞納4か月以内→まだ間に合います!

競売開始のお知らせが届きます。競売が始まるのはこの通知から4~5か月後以内。事態は切迫しているものの、まだ間に合う段階です。

フェーズ4.ローン滞納5か月以降→競売回避ギリギリ。急いでください!

競売開始までカウントダウンに入った段階です。裁判所から派遣された執行官による自宅調査が行われるのもこの時期です。

フェーズ5.それ以降→任意売却できません

競売手続きに入ってしまい、タイムオーバー。任意売却は不可能に。ここまでくればどうすることもできません。手遅れになる前に、早めにアクションを起こしましょう。

PICK UP!相続や離婚などでお困りの方へ!競売にかけられる前にご相談を!

PICK UP!相続や離婚などでお困りの方へ!競売にかけられる前にご相談を!

PICK UP!相続や離婚などでお困りの方へ!競売にかけられる前にご相談を!

ご説明の通り、競売にかけられた物件は裁判所主導で売却となり、代金も時価の5割程度しか残せません。苦しい返済状況は続くことになり、生活再建も遠くなるでしょう。競売にはメリットらしいメリットはなく、ただ粛々と手続きが終わるのを待つだけとなります。

競売を回避するには任意売却以外に方法はありません。早めに動いて決断すれば、売却代金や返済プラン、引っ越し、その後の生活再建などさまざまな面でメリットが得られます。返済が苦しくなっても、督促状が届いても、まだ売却が間に合う状況です。コロナや離婚、相続といった特別な事情で任意売却の必要性を感じたなら、早めにご相談ください。担当者が親身にお話をうかがいます。売却から今後の生活のことまでお力になれればと思います。

トップに戻る