不動産売却と賃貸でお悩みの方へ|不動産売却・買取・査定・相続のご相談は広島市の不動産会社「グッドトゥモロー売却」

Icon Tel電話

Icon Mail無料査定・
お問い合わせ
(24 時間受付)

Icon MapMAP

無料相談・無料査定

24時間365日受付中→

【売るか貸すかのお悩み】
売却or資産運用

  • HOME   >   
  • 【売るか貸すかのお悩み】 売却or資産運用

売る?貸す?不動産活用の選び方

相続した不動産、あるいは転勤などで空けることになった家。思い切って売却するか、資産として活用するかは悩みどころです。どちらかを選ぶ際は、現在の生活スタイルや物件の特徴、将来のビジョンなどがその基準となります。ここでは、広島市で不動産売却を手がける「グッドトゥモロー」が、売却と資産運用を選ぶ基準についてご説明します。

「売るか」と「貸すか」おすすめの選択とは?

「売る」がおすすめの場合

売るがおすすめの場合

まだ新しい家で、自分が住む予定がなければ、早く売却したほうが賢明といえます。賃貸の場合、設備の点検・メンテナンスや清掃、広告活動、税金など、維持するだけでたくさんのお金が出ていきます。当然、これらの費用は誰も住んでいなくても発生するものです。安定的かつ継続的に家賃収入を確保しなければ、物件の維持すらおぼつかなくなるでしょう。

築年数がそれほど経過していない物件であれば、高く売れる可能性も大です。目的が金銭面に絞られる場合、売却を視野に検討したほうがよさそうです。

「貸す」がおすすめの場合

貸すがおすすめの場合

今後自分や家族が住む予定がある、あるいは転勤先から戻る予定がある場合は、賃貸がおすすめです。また、自分の家に愛着があり、手放すのがもったいないと感じる方も、貸す方向での活用を考えましょう。

しかし、その場合は賃貸ビジネスをしっかり続けていくことになります。賃貸は借りる人がいなければ成立しません。郊外や利便性の低い立地などは需要が低く、広く募集をかけても人が集まらない可能性もあります。反対に、需要の高い都市部のマンションであれば、安定的な収益が望めて経営も軌道に乗りやすいでしょう。

マンションは築年数の経過とともに価値が下がるものですが、地価が上がりやすい地域であれば将来の売却で高いキャピタルゲインも期待できます。「売却を見込んだ賃貸戦略」もありです。

【売却と資産運用】メリット・デメリット

「売却」と「資産運用」は、不動産活用の王道ともいうべき手段。一度に大きな収益を上げるなら売却が妥当でしょう。長期戦略で大きなリターンを望むなら、資産運用が適しています。それぞれのメリット・デメリットを理解して、目的や物件に合うほうを選択しましょう。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

売却 資産運用
メリット
  • 早期に多額の現金が手に入る
  • 節税効果がある
  • 現金化して相続人に分配できる
  • 維持費の負担がない
  • 長期的かつ安定的な収入確保が期待できる
  • 相続税や固定資産税を節税できる場合もある
  • 立地がよく地価が高ければ、大きな利幅も期待できる
デメリット
  • 相続税評価額が高く、相続税の負担が重い
  • 長期の収益はない
  • 譲渡所得税の支払い義務が発生することも
  • 借りる人が見つからなければ収益は厳しい
  • 現金化できないため、相続分配が難しい

資産運用にはさまざまな方法があります!

方法1「定期借地として貸し出す」

方法1「定期借地として貸し出す」

定期借地とは、期間満了を迎えると地主に返還される借地のことです。これとは別に、返還約束が決まっていない土地を「普通借地」といいます。

貸す側が地主、借りる側が借地人となります。借地人が土地に建物を建てた場合、土地評価額が減るため、固定資産税や相続税を節税できます。期間満了を迎えた土地は更地の状態で戻され、契約更新はありません。地主の手に戻った土地は再利用が可能です。

契約期間中は、原則、借地人に使用する権限があります。借地料は契約時に権利金を受け取ったかどうかで違いが見られ、受け取った場合は普通借地より安くなるのが一般的です。

方法2「駐車場にする」

方法2「駐車場にする」

月極、あるいはコインパーキングを設置して駐車場として貸し出す方法です。主に、土地活用の方法が決まっていないケースで選ばれます。月極の場合は、更地のまま貸し出せるので、設備費用の負担や工事などの必要が限られます。

駐車場貸し出しの土地は転用がききやすく、仮に収益が上がらなかった場合別の資産運用に切り替えるのも容易です。マンション投資より確実に初期費用を抑えられるため、リスクも軽減できます。

リスクが少ない分、リターンも多くを期待できません。仮に収益化に失敗した場合、新たな資産運用の戦略を練る必要があります。また、マンション経営より土地の課税評価額が高くなるため、相続税や固定資産税の節税対策としては不向きです。

方法3「物件を建てて貸し出す」

方法3「物件を建てて貸し出す」

新築マンション・アパートを建てて収益を生み出す「マンション・アパート経営」は、代表的な土地活用の方法といえます。住居用はもちろん、テナントやオフィス用として開放する選択肢もあります。

賃貸需要の高い土地であれば安定の収益が見込めます。土地評価額が下がりやすく、固定資産税や相続税などの減税効果も小さくありません。副業として不労所得を得て、老後の資金計画に役立てることも可能です。

高い収益が見込める一方で、リスクも伴います。自己資金と借り入れで経営することが一般的です。空室対策を怠れば地価が高い土地であっても収益減となる可能性があり、ある程度の経営センスやビジネス感覚がないと軌道に乗せるのは難しいかもしれません。

PICK UP!売ると貸すの収支を計算してみよう!お気軽に当社の無料査定をご活用ください!

PICK UP!売ると貸すの収支を計算してみよう!お気軽に当社の無料査定をご活用ください!

PICK UP!売ると貸すの収支を計算してみよう!お気軽に当社の無料査定をご活用ください!

「売る」と「貸す」どちらがよいか迷われる場合は、収支を計算してプラスになりやすいのがどちらかシミュレーションしましょう。収支を計算するには、まず売却価格を調べなければなりません。

家のおよその値段は、公示地価で割り出せます。ただし、実際の売値には地域の事情や物件のコンディションなどさまざまな要素が絡みます。より正確な売却価格を求めるなら、不動産会社の無料査定サービスがおすすめです。

これまで多くの売買仲介を手がけてきた「グッドトゥモロー」には、売却に関する豊富なデータが蓄積されています。立地条件や物件グレード、地域の相場を加味しながら売却価格を算定します。もちろん無料ですので、査定をご希望の際は当社にご相談ください。

トップに戻る