不用品・遺品の整理・処分に関するお悩み|不動産売却・買取・査定・相続のご相談は広島市の不動産会社「グッドトゥモロー売却」

Icon Tel電話

Icon Mail無料査定・
お問い合わせ
(24 時間受付)

Icon MapMAP

無料相談・無料査定

24時間365日受付中→

【片づけて売る】
不用品回収・遺品整理

  • HOME   >   
  • 【片づけて売る】 不用品回収・遺品整理

家をきれいな状態にすれば高く売れる!

ご自宅を少しでも高く売る秘訣は、「家をきれいな状態に整える」こと。具体的には不用品の回収や遺品整理、ハウスクリーニングなどが該当します。売り手によい印象を与えることで、高額売却につながります。もし資金が足りない場合は、建て替えできる当社にご相談ください。今回は、広島市で不動産売却を手がける「グッドトゥモロー」が、「不用品回収・遺品整理」についてご説明します。

売却時の不用品の処理はどうする?残置物の処分方法とは?

売却時に発生した不用品の処分は、家の所有者の責任です。「残置物」と呼ばれる、要らない家電や家具の処分方法は大きく分けて3つあります。

1.自分でリサイクルに出す

1.自分でリサイクルに出す

自治体のルールに従い、粗大ごみとして処分する方法が基本です。リサイクル可能な不用品には資源ごみ用のシールを貼り、規定の場所に出して収集車に回収してもらいます。このほか、リサイクルショップへの持ち込みや、ネットオークションやフリマアプリを活用した処分方法があります。それほど古くなく使用価値がありそうなものであれば、まとまった現金化も可能です。

自分での処分にはコストがかからないメリットがあります。もし時間がなくて間に合わないときは、当社で回収業者をご案内させていただきます。

2.不動産会社を使った処分

2.不動産会社を使った処分

個人を相手に売却する「不動産仲介」では、内覧のタイミングで不用品を事前処分するケースがあります。その際、不動産会社によっては不用品回収業者を紹介してくれるので、きれいな状態で内覧を迎えられます。

これとは別に、不動産会社に売却する「不動産買取」の場合、残置物がそのままの状態でも引き渡しは可能です。ただし、売却代金から残置物の撤去費用を差し引かれる点に注意してください。

3.不用品回収の専門業者へ依頼

3.不用品回収の専門業者へ依頼

自分で処分する時間がない場合におすすめなのが、専門業者へのお任せです。自宅の残置物は「一般廃棄物」に分類されるため、「一般廃棄物処理業」の許可が下りている業者への依頼が大前提となります。それ以外の業者への依頼は違法となるので注意しましょう。

もちろんコストはかかるものの、相見積もりで安い業者を絞り込むことで、費用をできるだけ抑えられます。ただし、異常に安い業者や無料を謳うような業者は事後に高額請求してくる可能性が高く、相場とかけ離れていない程度に安い業者を見極める慎重さが大切です。

急な遺品整理にもスピーディーに対応いたします!

亡くなった親族の持ち家を相続人が売却する場合、遺品整理が必要です。そこまで手が回らない状態のときは、無理をせず不動産会社にご相談ください。

遺品整理とは

遺品整理とは

遺品整理とは、故人の所有品を整理することをいいます。生前に愛用されていた衣類や家具、生活用品、嗜好品などを適切に整理することは、相続人の務めです。

遺品整理は不動産の売却前に終わらせておかなければなりません。不動産売却手続きに必要な権利証・境界確認書・不動産売買契約書などの書類整理も大切な作業です。リフォームや修繕歴があればこれらの書類も保管します。

急な遺品整理は当社にお任せ

急な遺品整理は当社にお任せ

遺品整理も家の売却も、遺族の方が引き受けるのが原則です。しかし、遠方だったり、仕事の関係で忙しかったりすると、そう簡単にはいかなくなります。これに残置物の処分も加われば、一層大きな労力がかかるでしょう。

亡くなられたばかりのタイミングでは遺族の心労も大きく、葬儀や相続などにも忙殺されるため、遺品整理まで手が回らないことは十分考えられます。その際は、無理をせず私たち不動産会社にお任せを。当社では、急な遺品整理でもスピーディーに対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

売る前にハウスクリーニングをおすすめする理由

ご自宅の売却では、「なるべくきれいな状態にして」手放すことが大切です。仮にハウスクリーニングせず売却すると、以下のような不利益を被ることになります。

理由1:値引き交渉は避けられない

理由1:値引き交渉は避けられない

ハウスクリーニングをしないまま売りに出された家は、買い手側からすれば値引き交渉の材料を与えられたようなもの。キッチン周りの水垢、壁や床に残るシミなどを内覧で見つけては、値引きを打診してくるでしょう。プロならいざ知らず、素人の掃除にはどうしても使用感や生活感が残るものです。そのような状態を指摘されると、多少の値引きは覚悟しなければなりません。

実際、クリーニングが不十分だったばかりに数十万円の値引きで落ち着いた例は少なくありません。ハウスクリーニング代の数万円と比較すると、大きな損益といえます。内覧者に交渉の余地を与えないほどきれいな状態にするには、コストと時間をかけて掃除のプロにお願いするのが得策です。

理由2:売却に時間がかかり、無駄なコストが発生

理由2:売却に時間がかかり、無駄なコストが発生

多くの方はきれいな家に住みたいと考えます。そのような方に、掃除があまり行き届いていない家を見せても、購買意欲に水をかけるだけでしょう。コンディション次第では、なかなか買い手が見つからない事態も想定されます。

一般的に、中古住宅の売買成約に要する期間は3か月程度。これ以上かかる場合は、売却価格を下げて広告を出す売り方を勧められるかもしれません。ハウスクリーニングの費用を上回る値下げ幅だとすれば、何のための節約だったのかという話になります。

売れない間は維持費がかかる点も考えておかなければなりません。「早く売る」ことを考えた場合、ハウスクリーニングを活用したほうがコスト的にもお得といえるのです。

理由3:売れ残り物件になることも

理由3:売れ残り物件になることも

ハウスクリーニングをしないだけで売れ残ってしまうのか? 疑問に思われるかもしれませんが、これは十分考えられます。「売れ残り物件」は意外と多いのです。現在の住宅市場は供給過多の情勢にあり、買い手市場であることを考えると、「売るための投資」もなるべくしたほうがよいのがわかります。限られた投資の手段が、ハウスクリーニングです。

いくら立地や土地に魅力があっても、生活したいと思わせるような空間でなければ購買意欲も起こらないものです。新築同然とは言わないまでも、使用感や生活感を打ち消すだけのレベルにまで磨き上げるには、やはりプロの力が必要となります。

売れ残り物件との評判が高まれば、内覧客も減り、大幅な値下げを検討することになるかもしれません。このような損を見ないためにも、内覧前に万全な状態に仕上げておくことが大切です。

空き家を解体して売却するメリットとは?

老朽化物件に潜むリスクを排除できる

老朽化物件に潜むリスクを排除できる

老朽化が激しい木造住宅に誰も住まない状況が続くと、さまざまなリスクが生じます。シロアリやゴキブリなどの害虫が発生しやすくなりますし、もろくなった家屋は地震や台風などの自然災害で簡単に倒壊する危険性をはらみます。これらのリスクは近隣住民にとっても脅威です。仮に甚大な被害が発生した場合、数千万、数億円規模の損害賠償責任が伴うことも。空き家や土地を売却しても賄えない金額を支払う可能性もあるのです。こうした事態を回避するためにも、老朽化した空き家は解体をおすすめします。

土地の売却がしやすくなる

土地の売却がしやすくなる

資産価値なしの家付き物件だと、土地のみの売却で交渉を進めることになります。解体費用を持つのは売り手か買い手かも交渉次第で決まるわけですが、100~200万円程度の費用の支払いを簡単に承諾する買い手はそう多くありません。買い手が見つからないと売れ残り物件として扱われることになります。解体後に手続きに入ったほうが話もはやく、早い成約の期待も高まるのです。

「グッドトゥモロー」では、リフォーム・ハウスクリーニング・不用品回収・解体の費用を立て替え可能!

「グッドトゥモロー」では、リフォーム・ハウスクリーニング・不用品回収・解体の費用を立て替え可能!

「グッドトゥモロー」では、リフォーム・ハウスクリーニング・不用品回収・解体の費用を立て替え可能!

ご自宅の売却では、リフォーム・ハウスクリーニングなど、高く売るための投資も必要となります。また、不用品の回収や解体を専門業者に頼む場合でも、少なくない費用をかけなければなりません。これらのプロセスを踏まないと売買交渉が遅滞する怖れもあるため、売る前の段階である程度まとまった資金を確保する必要があります。

当社にご相談いただけば、これらの費用を立て替えいたします。水回りハウスクリーニングに関しては無料。売主様は費用の捻出に頭を悩ますことなく、売買交渉に専念できるのです。広島で不動産売却をお考えなら、売却前のもろもろの費用が立て替えできるグッドトゥモローまでご相談ください。

トップに戻る